研修で学ぶ内容について把握しておこう!

研修の種類や目的について

知識や技術を身につけてスキルアップさせることが出来る、新しい学びや気付きが得られる、仕事に対するモチベーションや意識を向上させることが出来るなど様々なメリットが得られる研修は、大きく分けると2種類あります。社内研修と社外研修がそれにあたります。社内研修は社内で行われる研修で、会社の経営方針や理念をもとにした、具体的ですぐに実践に活かすことが出来る内容であるというのが特徴的です。社外研修は社外で行われるもので、ビジネスマナーや組織の中で働く上での自己の確立の仕方など、内容は多岐にわたります。画期的なノウハウや新しいスキルを身につけるのに適した研修です。それぞれ似て非なるものであり、行う目的も異なります。自分が受ける研修が社内研修なのか社外研修なのかを把握することによって、学ぶ姿勢や目的意識も変わってくるのではないでしょうか。

研修の概要や具体的な項目について

研修を有意義なものにさせるためには、研修の形式や時間などの概要、テーマやカリキュラムなどの具体的な研修の項目などについて、事前にきっちりと把握しておく必要があります。シリーズ化された研修である場合は、前回のレジュメなどを見ながら流れなどを想定しておくと、心構えが出来てスムーズに学べるでしょう。研修の形式は座学だけではありません。ロールプレイやグループワークなどの形式もありますので、それに応じた準備をしておくと安心です。スケジュールを細かく把握して、昼食の有無なども確認しておきましょう。研修の内容によっては、パソコンやタブレットを必要とすることもあります。忘れ物をするとせっかくの研修が台無しになってしまいますので、持参するものは前日にチェックしておくのがベストな方法です。