研修期間は長い?短い?

研修期間は誰のためにあるのか?研修期間の意義とは

研修期間とは、自身のスキルを上げるために企業側から設けられている期間のことです。正式採用の前に設けられているために、その期間中は給料が低く設定されていることが一般的です。研修期間は1ヶ月の場合から半年に及ぶ場合もあるなど、その期間には差異があります。企業側からすれば研修期間があることは、当人の特性であったり、仕事の向き不向きを把握できるので、大変重要であり、意義のあるものになります。しかしながら、研修期間の人からすればその期間中常に監視されているようなもので、また給料も安くなる場合も多いので、簡単に喜べるものではありません。しかし、研修期間は本人が仕事に慣れるため、仕事のスキルを上げるためにも必要であるといえるでしょう。

研修期間は本当に短いほうが良いのか?

研修期間は1ヶ月から半年に及ぶ場合もあると聞くが、これは適性な期間なのでしょうか。給料は低くなるし、研修期間は短いほうが良いと考えてしまいがちです。しかし、企業側はもちろん、研修を受ける当人にとっても、研修期間の長さが重要なことであることは言うまでもありません。日本では研修期間であるからといって簡単に解雇されることはありませんし、自身のスキルアップのために設けられた期間であるので、誠心誠意取り組むことが必要です。スキルアップのための期間であるので、人それぞれ要する時間が異なることは間違いないが、一定期間を研修のために費やすことは必要になります。そのうえで、研修期間が長いのか短いのかを考えていき、適正な期間を導いていくことが必要になるでしょう。